交通事故の怪我を軽く

交通事故は一瞬のうちに起こります。
あのときこうしておけば・・・と後悔することも少なくありません。
物損事故でしたら、お金で解決することもできます。
しかし人身事故になれば、その後悔は後を絶ちません。


交通事故を起こす前に出来る限りの注意はしておきたいものです。
例えば、バイクであればヘルメットは髪型を崩すし、夏は蒸れて暑いし、できればかぶりたくないと思う人も少なくありません。
しかし、フルフェイスをしっかりかぶれば安全性は高まります。
ジェットタイプのものは被りやすく、通気性もあります。
ハーフタイプはカジュアルで安くて手に入ります。
しかし、もしも事故に遭ったならフルフェイスが一番怪我を軽くしてくれます。


車であれば、助手席が一番危ないと言われます。
運転者は無意識に自分をかばう運転をしてしまうからです。
可能であれば、座る位置にも気を付けたいものです。


運転中であれば、赤信号で停車中追突されることもあります。
ムチ打ちは、不意にぶつかられることによっておこりやすくなります。
赤信号で停車中であっても常に後ろの車の動向に気を付けるなら、たとえ追突されてもダメージを最小限に抑えることができます。


車には、より安全に運転できるように様々な装置が開発されています。
シートベルトやチャイルドシートなどの装着は義務付けられました。
このサイトでは、事故の怪我を少しでも軽くする方法、またシートベルトも含め安全装置についてご紹介します。


Copyright © 2014 交通事故の被害軽減 All Rights Reserved.